即日融資を受ける時の在籍確認で気をつけること

どうしても急いでお金を用意しないと、大事な契約がキャンセルになるピンチもあります。そういう時に限って、給料日がまだ先だったり、貯金を使い果たしたばかりのこともあります。知り合いにお金を借りたくても、急だと用意できないこともあるので、金融業者が扱うカードローンを利用するといいでしょう。簡単な手続きで即日融資に対応している金融業者もあるので、急いでいる時はとても助かります。即日融資に対応している金融業者に申込む場合は、受付時間が決まっているので、受付時間をしっかり確認してから申込むことが大事です。受付時間ギリギリに申し込むと、審査が間に合わなくなり融資も後日に回されることになります。必要書類がしっかり揃っていない場合も、審査ができないので融資も後日に回されてしまいます。

契約額が少ない場合は、運転免許証などの本人確認書類だけを提出するだけですみますが、契約額が多い場合は確定申告書などの所得証明書が必要になるので、あらかじめ職場から取り寄せておくと審査もスムーズにおこなえます。金融業者の審査には在籍確認もあるので注意が必要です。在籍確認とは申し込み用紙に書かれた職場に本当に働いているか、電話をかけて確認するもので、本人が営業などで出かけていても、そこに在籍していることが確認できれば在籍確認は終了となります。なので今働いている職場に直接通じる電話番号を書くことが大事です。大きい会社の場合は、代表の電話番号を書いても本人に取り次いでくれないこともあるので注意が必要です。会社が休みの場合は、在籍確認ができないで即日融資を受けられないこともあるので、会社が営業している時に申込むことが大事です。金融業者によっては、職場に電話をかける在籍確認の代わりに、給与明細書や会社の健康保険証などを提示することで、在籍確認の代わりにする所もあります。土日は会社が休みだけど即日融資を受けたい場合は、そういう金融業者に申込むといいでしょう。